投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

円安のトレンド終了、日経平均株価も下降傾向に

円安のトレンド終了、日経平均株価も下降傾向に

どうも、おかゆうです。

 

さて、10月7日(金)のドル円は大幅安となりました。9月27日からの連続したドル高/円安のトレンドが直近高値(1ドル=104円前後)で一旦抑えられた形です。

<10月7日までの日足チャート>
doller-yen-chart1007

 

この直近高値を抜けられるか?がアメリカの雇用統計の発表も重なり、金曜日の注目点でした。
結果として、雇用統計が市場の予想を下回ったことから、ドル円が下がりました。直近高値を超えられなかったとなると、これからしばらくは下げのトレンドになりそうです。

「米雇用統計受けドル下落、ポンドはアジア時間に31年ぶり安値=NY外為」
http://jp.reuters.com/article/ny-forex-idJPKCN1272IG

 

これからドル安/円高の傾向になると考えた方がいいかもしれません。ただし、7日の下げ幅が大きいので、反動で一旦戻ってくる可能性も考慮しておくべきでしょう。

 

日経平均株価はそろそろ頭打ちに入り、利益確定の売りが多くなってくると思われます。特に、週明け火曜日はドル円急落もあり、急激に下がることも考えられます。
株トレードの方は、祝日月曜日のドル円相場をチェックするようにしましょう。

<10月7日までの日経平均株価(日足)>
nikkei-1007

 

ここ3日間で急騰した銘柄は特に売られる危険性があります。
急落して割安になったところを狙うのもポイントです。

 

では、週明けもよいトレードにしていきましょう!

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください