投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

大損から学んだ5つのこと!次の成功に生かすためには

大損から学んだ5つのこと!次の成功に生かすためには

どうも、おかゆうです。

 

投資で大損したときには、

損した分を取り返そうという気持ちになると思います。

 

ですが、なぜ大損したのか?

その原因と対処法を整理して次の投資を行わないと痛い目を見ます。

 

今回は、

僕自身が投資で大損してしまったときに確認するポイントを5つをご紹介します。

ぜひ、参考にして下さい。

 

相場環境

相場は上がり傾向だったのか?

下がり傾向だったのか?

長い時間軸のチャートを見て確認しましょう。

 

僕の投資スタイルはデイトレード・スイングトレードですので、日足と4時間足を見ます。

「買い」の取引をしたのなら、

上がり傾向だった→○

下がり傾向だった→×

「売り」の取引をしたのならその逆になります。

 

 

経済指標

取引時に何か経済指標が出ていなかったか確認しましょう。

FXの場合には、各国の政策金利や金融緩和などが思わぬ方向に動いてしまうと、

急激な円高や円安になってしまうので注意が必要です。

経済指標が発表される時間帯は投資をしない方が良いです。

 

また、株式投資の場合は、会社の悪いニュースが流れてしまうと、株価の下落に繋がります。

事前に悪いニュースが出る兆候はなかったのかを確認しましょう。

 

 

損切り

損切りが計画通りに実行できたか?

を確認しましょう。

 

価格がかなり下がった後、

「もう少し待とう、また上がるさ」

「まだ大丈夫、もう少し様子を見よう」

と思って損切りが遅くなりませんでしたか?

 

計画通りの損切りを習慣付けましょう。

 

 

取引量

取引量が計画通りであったか確認しましょう。

 

「この相場はイケル」

「今回は絶対勝てる」

と気が大きくなって想定以上のリスクを取っていませんか?

 

大きなリスクは破産の元です。

投資する前にどれだけのリスクを取るのか決めておきましょう。

 

 

自信過剰

投資に慣れた頃‥‥

「今までも勝っていたし、適当にやっても大丈夫でしょー」

とろくに考えもせず投資をしていませんか?

 

自分の過去の投資法に自信を持つのは良いことですが、

その自信が行き過ぎて悪い方に向かっていないか確認しましょう。

 

 

まとめ

失敗は成功の元とも言いますし、

失敗自体悪いことではありません。

 

その原因と対処法を理解して、

次の成功に結びつけましょう。

 

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください