投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

株主優待はどうすればもらえるの?権利確定日について

株主優待はどうすればもらえるの?権利確定日について

どうも、おかゆうです。

 

株主優待は、会社が株主に対して自社の商品やサービス券をプレゼントするものです。

そんな株主優待ですが、どうなったらもらえる権利があるのか知っていますか?

株主優待をもらうためには、『権利確定日』に株主になっておく必要があります。

逆に言うと、権利確定日のたった1日さえ株を持っていれば(株主名簿に名前が載れば)株主優待をもらうことができます。

 

各企業の権利確定日

権利確定日は各企業により異なります。
多くの企業では3月末日を権利確定日としています。

一部の企業では3月以外の月であったり、月末以外の日であったりが権利確定日となることがあります。
また、月に複数回権利確定日のある企業もあります。

各企業の権利確定日は各企業の投資情報やYahooファイナンスなどで調べることができます。

 

実際にはいつまでに株を購入すればいいの?

それでは、権利確定日に株を持つためにはいつまでに株を買えば良いのでしょうか?

実のところ、株式は購入した日にすぐ株主になる(株主名簿に載る)わけではありません。購入日から3営業日かかります。

つまり、権利確定日の3営業日前までに(土日祝日、12月31日〜1月3日は除く)株を購入すれば良いのです。この権利確定日の3営業日前を「権利付き最終日」、その次の営業日を「権利落ち日」と呼びます。

「権利付き最終日」に株を持っていれば良いので、「権利落ち日」になれば株を売却しても株主優待を受け取る権利はなくなりません。

 

株の購入例

権利確定日を2017年3月31日とした場合を例にして考えてみましょう。

27 28 29 30 31
月   火  水  木  金

31日の金曜日が権利確定日となりますので、3営業日前の28日火曜日が権利付き最終日となります。28日までに株を購入すれば良いことになります。29日の水曜日には株を売却しても構いません。

 

まとめ

ここまで、株主優待をもらうための権利確定日をご紹介しました。
権利付き最終日までに株を購入していれば良いのです。

ただし、企業によっては、その他に株主優待を受け取る条件がある場合があります。
例えば、何株以上持っていなければいけないとか、何ヶ月持っていなければならないとか。その条件については注意しておきましょう。

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください