投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

リスク管理の方法

リスク管理の方法

どうも、おかゆうです。

今回は「どうやってリスク管理をしていくか」についてご紹介していきます。

「損切りを設定しておけば、リスク管理は問題ないでしょー」と考えていてはいけませんよ!

これでは投資の成功者にはなることはできません。

 

まずは、リスク管理の構成要素からお伝えしていきます。

 

リスク管理の2つの構成要素

リスク管理には、

①取引量の管理

②最大損失の把握

の2つの要素があります。

 

損切りを設定することは多くの方が行っていることでしょう。

ただし、損切りだけで生き残れるほど投資の世界は甘くありません。

 

損切りも設定していなければ、

かなり危険かもしれませんよ‥‥

 

 

取引量を管理しよう

投資をする前にこんなことを考えたことはありませんか?

「いま100万持っているから、とりあえず半分の50万円を使ってみよう」

「ボーナスが出たから30万円を使ってみよう」

とか。

 

上記は、投資に使う資金量を始めに固定する方法ですが、

①どのくらいの損失(お金がなくなるか)が出るかを把握できない

②投資には最低限購入しなければならない個数(株式だと100株など)、

最低限必要な資金量があり、これらを把握していない

ことが問題となってきます。

 

そこで、みなさんにおすすめしたいのが、

損失額を固定し、それに応じて取引量を管理する方法です。

 

では、この方法は何か?

例を挙げて説明してみましょう。

 

 

【例】投資に使用できるお金(余裕資金)が50万円あり、

1回の取引で許容する最大損失額を5,000円(1%)にしたい。

1株=1,000円の株を買う予定で、950円になったら損切りしよう。

と考えているとします。

 

 

この場合、1株あたりの損失は50円(1,000円−950円)となりますので、

最大損失額の5,000円を考えると、最大100株(5,000円÷50円)まで購入できる計算になります。

必要な資金量は最大10万円(1,000円×100株)ですね。

 

 

過去の最大損失を把握しよう

いままで投資してきた中で、

何回連続で負けたか

最大で資金が何%減ったか

を振り返ってみましょう。

 

投資初心者の方であれば、

どこまでなら損失を許容できるのか、精神に異常をきたさないのか、

考えてみましょう。

 

これらを把握して連続負けした際に、

いったん投資を中断することも考えるようにしましょう。

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください