投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

初心者でも5分で分かる貸借対照表と損益計算書の見方

初心者でも5分で分かる貸借対照表と損益計算書の見方

どうも、おかゆうです。

 

株式投資で会社の分析をするときに、決算書を見ることがあります。その時、貸借対照表損益計算書って何だろう、と思うことはありませんか?

今回は、そんな貸借対照表と損益計算書の見方について簡単にご紹介したいと思います。

 

なぜ貸借対照表と損益計算書は必要なのか?

貸借対照表と損益計算書は一般的に「財務諸表」と言われます。
財務諸表は以下のいろいろな人に経済活動を報告することを目的としています。
①株主などの投資家
②銀行などの債権者
③仕入先・得意先などの取引先
④税務当局などの外部の利害関係者

また、財務諸表は、一定時点現在の財務状態と一事業期間(会計期間ともいう)の経営成績を明らかにするものであります。この一定時点現在の財務状態を明らかにするための財務諸表を「貸借対照表」、一事業期間の経営成績を明らかにするための財務諸表を「損益計算書」と言います。

 

貸借対照表の構成要素

貸借対照表は①資産、②負債、③純資産(個人商店・個人企業の場合は資本ともいう)の3つで構成されています。

bs

財務会計の概念フレームワークによると、資産・負債・純資産は次のように定義されます。

資産:過去の取引または事象の結果として、報告主体が支配している経済的資源
負債:過去の取引または事象の結果として、報告主体が支配している経済的資源を放棄もしくは引き渡す義務、またはその同等物
純資産:資産と負債の差額

ただ、この概念は難しいので、
資産は将来現金が増えるもの。
負債は将来現金が減るもの。
と覚えるのが良いでしょう。

商品、建物や機械など、それを使ったり売ることで現金を増やすことができるので資産に当てはまります。

買掛金や借入金は返済しなければならないので、将来現金が減ります。負債に当てはまります。

 

損益計算書の構成要素

損益計算書は①収益、②費用の2つで構成されています。

pl

財務会計の概念フレームワークによると、収益・費用は次のように定義されます。

収益:純利益または少数株主損益を増加させる項目であり、特定期間の期末までに生じた資産の増加や負債の減少に見合う額のうち、投資のリスクから解放された部分
費用:純利益または少数株主損益を減少させる項目であり、特定期間の期末までに生じた資産の減少や負債の増加に見合う額のうち、投資のリスクから解放された部分

収益と費用については家計簿でも出てくる項目であり、一般的な認識で良いと思います。

収益の代表的なものとしては売上高があります。

また、費用の代表的なものは仕入費用、支払利息などがあります。

 

まとめ

今回の記事で貸借対照表と損益計算書の基本的な見方を覚えておくことで、今後のファンダメンタル分析に生かしていきましょう。

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください