投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

逆指値注文を活用して投資戦略の幅を広げよう!

逆指値注文を活用して投資戦略の幅を広げよう!

どうも、おかゆうです。

 

以前の記事で相場での注文方法について、「成行注文」と「指値注文」をご紹介しました。

成行と指値とは?相場での注文方法について

あなたは成行・指値以外にも特殊な注文方法があるのを知っていますか?
その中でも比較的簡単な「逆指値注文」について、今回ご紹介します。

 

逆指値注文とは

逆指値注文と聞くと、指値注文の逆のようなイメージが湧いてくると思います。

指値注文は、「価格が何円以下になったら買う」という注文方法でした。

では、逆指値注文はどういう注文方法なのでしょうか?
答えは「価格が何円以上になったら買う」です。
「以下」と「以上」で逆になっているので、逆指値注文といいます。

 

どんな相場で有効か

指値注文は「何円以下になったら買う」という注文なので、価格が安いところで買って、将来高くなるところを狙おうとする意図があります。下落相場からのトレンド転換を狙う逆張りのイメージですね。
もちろん、逆張りにしか指値注文が使えないという意味ではありません。

一方、逆指値注文は「何円以上になったら買う」という注文なので、将来もっと価格が高くなることを見越して、価格が上昇して行く途中で買うという意図があります。上昇相場でのトレンドフォローを狙う順張りのイメージですね。

 

損切りにも有効

ここまで「買い取引」のみに焦点を当てましたが、「売り取引」においても逆指値注文を利用することができます。

株式投資で例えると、
指値注文の場合は、今持っている株の「価格が何円以上になったら売る」という注文なので、あらかじめ利食いポイントを設定することができます。

一方、逆指値注文の場合は、今持っている株の「価格が何円以下になったら売る」という注文なので、あらかじめ損切りポイントを設定することができます。

 

まとめ

以上、逆指値注文についてご紹介しましたが、簡単にまとめると以下の2点のメリットがありました。
①トレンドフォローを狙う順張りのイメージで取引ができる
②損切りポイントをあらかじめ予約することができる

あなたもぜひ、逆指値注文を活用してみてはいかがですか。

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください