投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

OCO注文とIFD注文を使い、株とFXでワンランク上の投資家になる

OCO注文とIFD注文を使い、株とFXでワンランク上の投資家になる

どうも、おかゆうです。

 

先日の記事で「逆指値注文」についてご紹介しました。

逆指値注文を活用して投資戦略の幅を広げよう!

「成行注文」、「指値注文」、「逆指値注文」以外にも特殊な注文方法があります。
今回はその中でも投資家のレベルをワンランク引き上げてくれる「OCO(オーシーオー)注文」と「IFD(イフダン)注文」についてご紹介します。

 

OCO注文とは

OCO注文とは、「One side done then Cancel the Other order」の略で、2つの異なる注文を同時に出し、片方の注文が取引成立すると、もう片方の注文は自動的に消滅するという注文方法です。

OCO注文は、指値注文と逆指値注文を同時に行う場合によく活用されます。基本的には、指値注文か逆指値注文のどちらかのみ注文を出せるのですが、OCO注文では両方の注文を出すことが可能です。

例えば、1株=1,000円の株を持っているとします。
「1株=1,100円以上になったら株を売りたい」という売りの指値注文と
「1株=900円以下になったら株を売りたい」という売りの逆指値注文を両方同時に出すことができるのです。

相場をずっと見ることができない投資家にとっては、OCO注文を活用するだけで、利食いポイントと損切りポイントをあらかじめ予約しておくことができるため、非常に便利です。

 

FXの世界ではOCO注文という名称が一般的です。
株式投資の世界では、OCO注文以外の名称が使われている証券会社もあれば、そもそもOCO注文がない証券会社もあります。
ライブスター証券ではOCO注文ですが、カブドットコム証券ではW指値と言ったりします。

 

IFD注文とは

IFD注文とは、「If Done」の略で、新規の売買注文と決済する注文をセットで出す注文方法です。新規の売買注文が成立した場合のみ決済する注文が有効になります。

相場をずっと見ることができる人であれば、新規の売買注文が成立した後にすぐ指値注文や逆指値注文を使って、決済の予約を行うことができます。

しかし、相場をずっと見て注文を出すのは専業投資家でないと無理です。
このときに、IFD注文を利用することで、あらかじめ決済の予約を行うことができるため、精神的に安心です。

 

また、事前に決済注文を入れておくことができるので、利食いポイントや損切りポイントをむやみに動かせないというのもメリットです。
チャートをずっと見ていると、不安や欲望といったいろいろな感情によって、利食いを早めたり、損切りを遅くしたりすることがあります。その心配がないのは良いところです。

 

まとめ

今回ご紹介したOCO注文やIFD注文は投資家のレベルをワンランク上げてくれる非常に便利なものとなっています。
あなたも上手く活用して今後の取引をしてみてはいかがですか。

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください