投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

株の信用取引の使い方

株の信用取引の使い方

どうも、おかゆうです。

 

株式投資で信用取引という言葉を聞いたことがありますか?

 

信用取引は危険なものという認識が強く、

なかなか手が出せないのではないかと思います。

 

しかし、信用取引を使いこなせば、

他の投資家にはない武器を得ることができます。

 

そんな信用取引について、

3回に分けて活用法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

 

持っている資金以上の取引を行う

まず、一つ目の活用方法です。

それは、

証券会社の口座に預けている金額以上の取引を行うこと

です。

まあ、これが信用取引の最大のメリットであり、当たり前のことですが笑

 

これだけ聞くと、

100万円の投資資金でも

それ以上の150万円とか200万円で取引するので、

リスクが大きくなってしまうではないか!

と感じるかと思います。

ですが、そうではありません。

 

証券会社の口座に預ける資金が少なくなる

ということです。

??と思う人が多いのではないでしょうか?

 

例えば、

100万円を投資に使いたいと考えているとします。

 

信用取引を使わない場合は、

100万円を証券会社に預ける必要があります。

 

一方、信用取引を使う場合は、

証券会社に預けた金額の3倍までの資金で取引することが可能なため、

34万円(100万円÷3を切り上げ)を預けるだけで良いのです。

 

証券会社の口座は銀行の口座と違って、

公共料金、クレジットカードの引き落としには使えず、

出金にも1〜2営業日はかかってしまいます。

何かあったときに、残り63万円(100万円−34万円)を自由に使うことができるのは精神的に楽です。

 

また、残りの63万円を他の投資に活用できることもメリットになります。

最悪、普通預金にでも入れておけば、微々たる利息を得ることができます。

 

まとめ

「お金を有効活用する」ことは

時間を有効活用することと同様に大切なことなので、しっかり考えるようにしましょう。

 

 

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください