投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

京都観光後編 歴史的名所から感じる投資のヒント

京都観光後編 歴史的名所から感じる投資のヒント

どうも、おかゆうです。

 

前回の記事では、ジョブズの愛したお寿司を食し、五感を研ぎ澄まされた、強いマインドパワーを得たお話をしました。

今回は京都の歴史ある名所を巡って掴んだ投資や人生のヒントについてご紹介したいと思います。

 

朝5時ごろに京都駅へ着いたので、始めに朝早くから開いている”清水寺”を目指すことにしました。

 

清水寺

清水寺と言えば、世界遺産に登録されており、京都の観光名所で一番と言って良いほど人気のある場所です。

上記画像の右中央の白い場所が国宝〈清水の舞台〉です。現在、本堂の屋根の葺き替え工事を行っている模様。

有名なのは「清水の舞台から飛び降りる」という言葉でしょう。思い切って大きな決断をすることの例えとして用いられます。

 

投資においては、大きな決断をする場面が特に多いです。

多くの利益を得るために、時には大きなリスクを取ることも必要です。そんなとき、思い切って行動できるマインドと技術を持って置くことが重要です。(無謀な行動をするわけではありませんよ)

 

二条城

続いて、徳川家康の上洛時の居館として造られた二条城へ向かいました。

1603年に造られた二条城は、豊臣秀頼との会見や大阪の陣の軍議に使用されたと言われています。

また、1867年に江戸幕府最後の将軍徳川慶喜が大政奉還を発表する場所としても使用されています。歴史の転換に大きな縁のある場所となります。

 

投資においては、歴史の転換期を認識することが重要になってきます。

各国の大統領・首相の選挙など歴史が変わるときは大きく株価が動いたり、為替が動いたりします。そんな時何も考えず投資をしていると、思わぬ損失を被ることがあります。

 

金閣寺

最後に金閣寺へ向かいました。

正式名称は鹿苑寺。舎利殿の「金閣」が非常に有名なため、一般的には金閣寺と呼ばれます。

元々、この地には室町幕府の第3代将軍足利義満により造られた北山殿がありましたが、その中で唯一解体を逃れた建造物が金閣です。

金箔が押された豪華な造りの3層構造の建物で、一目間近で見てみたいと思う場所ではないでしょうか。

 

投資においては、過去の人物が残した考え方を理解することが大切です。

過去の人物が残したそのままの取引手法で利益を得ることは難しいですが、根底にある考え方は現在にも通用します。

 

まとめ

投資で成功するためには、投資に真剣に向き合う考え方が重要です。

その考え方は、普段の生活から少し離れた場所での体験によって生まれることが多いです。

旅行であったり、美術鑑賞であったり、美味しいものを食べることであったり。このような体験を大切にしましょう。

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください