投資で成功者への未来を切り開くブログ

株式や為替の投資で稼げる、成功者になるための思考をお教えし、初心者でも分かりやすい情報をご提供します。

簡単にトレンド相場を見分ける方法

簡単にトレンド相場を見分ける方法

どうも、おかゆうです。

 

株式やFXのチャート分析をするときに、
「上昇トレンドと下降トレンドをどう見つけてよいか分かりません」
という話をよく耳にします。

前回レンジ相場の見分け方についてご紹介しましたので、今回は上昇トレンドと下降トレンドを合わせたトレンド相場の簡単な見分け方についてご紹介します。

レンジ相場・ボックス相場を上手く使おう!

 

トレンド相場を話す前に

ます、トレンド相場を話す上で重要になってくるのが、相場を単純化することです。

日足などの長期足でトレンドが出る場合もあり、5分足などの短期足で短いトレンドが出る場合もあり、トレンド相場というのは複雑に絡み合っています。それを単純化して分かりやすくするのです。

 

相場にはいろいろな投資家が参加しています。そんな人の複雑な考えが反映されたのが相場の値動きになります。

ですから、相場の流れを100%理解することはできないのです。
そこで私たちは60、70%でも相場を理解できるように単純化をする必要があります。

 

ダウ理論におけるトレンド相場の定義

投資のテクニカル分析を行う上で、アメリカのチャールズ・ダウが提唱した「ダウ理論」があります。

ダウ理論は6つの基本法則から成り立つ市場での値動きを評価するための理論です。

ダウ理論では「高値・安値が前の高値・安値よりも上の場合、上昇トレンドになり、下の場合は下降トレンドになる」と言われています。

文字にすると分かりにくいですよね。下の画像をご覧ください。

trend

画像を見るとトレンドの形が分かりやすいと思います。
しっかり、高値と安値が前の高値と安値を上回っている・下回っています。

 

相場参加者のせめぎ合い

トレンド相場の高値と安値では、相場参加者のせめぎ合いが起きています。

 

上昇トレンドを例にご説明します。

一つ目の高値と安値が確定した後、相場は一つ目の高値まで上昇します。
その後、高値の価格を超えていくことで、買い手側がどんどん相場を有利な状態にします。

売り手側が押し返すことで価格は一旦下がるのですが、一つ目の安値まで価格を下げることができず、また買い手に有利なそばになってしまう。

こうした状態が上昇トレンドなのです。
下降トレンドはその逆です。

 

あるとき、経済や金融状態の変化(ファンダメンタル)により売り手が強くなることでトレンドが終了します。
トレンドの転換については、別の記事でご紹介します。

 

まとめ

今回ご紹介したトレンドの定義を参考にして、実際の相場でトレンドを見分けられるようにしましょう。

ブログランキング

コメント欄

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 1 )

コメントはまだありません。

  1. […] (画像引用元:簡単にトレンド相場を見分ける方法) […]

コメント

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください